当サイトはプロモーションが含まれています。
PR

運行管理者(旅客)の再受験申請

記事内に広告が含まれています。

昨日から受験申請が開始された運行管理者試験(CBT方式)について書いていきたいと思います。

以前書いた記事「運行管理者試験(旅客)-不合格談-」で分かるように私は一度、運行管理者試験の旅客を受験したことがありますが、残念ながら不合格でした。

受験申請受付期間

新規で受験する方も再受験する方も申請受付期間は以下の通りです。

申請受付期間

令和5年6月12日(月)〜7月12日(水)まで

尚、書面での申請はしていないのでインターネット上で受験申請する必要があります。何もパソコンじゃなくてもスマホでもできるので運行管理者試験を実施している機関でもある、公益財団法人運行管理者試験センターのホームページより受験申請をしてください。

CBT試験の試験会場予約期間

CBT試験のメリットとして自分の好きな日にち、好きな時間、好きな場所で受験することできます。

デメリットはその逆でもありますが、必ずしも自分の希望した日にちや場所等が選択できないのが挙げられます。なので計画的に第一候補の受験地や時間だけでなく第2希望、第3希望くらいまで妥協しないと人気のある曜日と時間帯はすぐに埋まる傾向があります。なので勉強時間等を踏まえた上で試験日の設定をする必要があります。

試験会場予約期間

令和5年6月12日(月)〜令和5年8月4日(金)まで

※先程の受験申請期間と試験会場予約期間の最終期限が違いますのでお気をつけください。

それとCBT試験ではパソコンの画面上で試験を受けるので、パソコンにある程度、慣れていないと試験日当日、あたふたする可能性があります。せめてマウスの動かした方、クリックくらいはできないと正直、何も出来ません。

CBT試験の日程

かずなり
かずなり

今回、私が再受験する運行管理者試験の正式な名称は「令和5年度第1回運行管理者試験」となります。

インターネットにて先ほど書いた申請期間内に受験申請をし、おおよそ3日以内に必要書類の審査の完了メールが届きます。その後、サイトにログインし、受験料の入金とCBT試験の日程を以下の期間内からご自身で設定、決定します。最後まで進むと最終的に予約状況が記載された確認書が発行されますので、自分のパソコンで印刷もしくはダウンロードやスクリーンショット等で保存しておく必要があります。

CBT試験日の日程

令和5年8月5日(土)〜9月3日(日)まで

尚、試験日を決定してからでも試験日の約2週間前までなら変更ができます。「確認書」が発行される際に変更ができる期限が記載されていますので、その期限内であれば変更ができます。

当日はこの確認書を忘れても本人確認書類を持参すれば受験はできます。本人確認書類といっても多岐に渡り、1点だけでは受験できないものもありますので注意が必要です。

試験当日は、有効な期限内の顔写真付き本人確認書類(原本に限る)を必ず持参してください。受付で提示ができない場合は受験ができません。
【有効な本人確認書類】
1点で有効なもの
・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・運転経歴証明書
・学生証(顔写真付き)
・障害者手帳(顔写真付き)​
  身体障害者手帳
  精神障害者保険福祉手帳
  療育手帳
・免許証等(顔写真付き)
  電気工事士免状
  工事担任者資格証
  無線従事者免許証
  宅地建設取引主任者証
  小型船舶操縦免許証
  危険物取扱者免状
  消防設備士免状
  国際運転免許証

2点で有効な組み合わせ(社員証は顔写真付きに限る)
・社員証+健康保険証
・社員証+住民票
・社員証+クレジットカード

顔写真付き本人確認書類をお持ちでない方は、事前に運行管理者試験事務センター(03-6635-9400 受付時間:平日9:00~17:00)にご相談ください。

運行管理者試験センターのよくある質問」のQ35「試験当日の持ち物は何が必要ですか?」の回答から引用

大抵の方は運転免許証を出されると思います。それであれば当日の確認書類としては1枚で済みます。基本的には顔つきであれば本人の確認ができますが、顔つきであっても会社の社員証1枚では本人確認を満たせていないと判断されるため、社員証を出される方は別途、住民票か健康保険証もしくは自署名があるクレジットカードの提出が本人確認書類になるようです。

貨物と旅客のダブル受験は不可能

かずなり
かずなり

稀なケース?かも知れませんがお伝えします。私の場合、旅客・貨物ともに基礎講習をそれぞれ3日間受講し、運行管理者試験を受ける受験資格は得ています。

旅客は一度落ちているので再受験という形、貨物は初めて受験しますが、この場合、どちらか一方に受験を絞らないといけません。そもそもにネット上で受験申請しようとするとある一定のところで「ご入力内容はすでに登録済みです。」と表示され、それ以上進むことができません。

よくよく運行管理者試験センターのホームページを確認してみると‥

「CBT試験導入に伴い、試験日が複数日設定されますが、1回の運行管理者試験において受験できる回数はお一人1回限りです。貨物試験、旅客試験のいづれかの受験となります。」

しっかり上記の注意書きが記載されていました。つまりはダブルで受験することができないということ。試験勉強や金銭的なことを考えるとある意味、良心的なのかも知れません。

しかしながら運行管理者試験は貨物と旅客ともに年に2回(3月頃と8月頃)しか実施されていないので、両方とも資格の欲しい私にとってダブル受験ができないのは少々焦ってしまいます。